製材所だからできる、 上質な木の家。

concept

木で暮らし豊かに三浦製材

京都府亀岡市東別院町南掛落合6-1

〒621-0111 京都府亀岡市東別院町南掛落合6-1

Concept

Concept

製材所だからできる、
上質な木の家。

  • これまでの日本の家づくりでは、各社が凌ぎを削る中、 カタログスペックを競うような商品開発を行なってきました。
    しかし、一見すると豪華で魅力的に見えるスペックや装備は 大幅なコストアップを招き、家づくりで叶えたい要望を圧縮する結果となり、 加えて昨今の「ウッドショック」により、住宅資材の価格は高騰するばかり。
    他方、住まい手の家づくりへの要望は ”巣篭もり需要” により多様化しています。 いまやカタログスペックで比較して住宅会社を選んでも、 上質な暮らしを手に入れることは難しいのではないでしょうか?
  • 本来、日本の家は、その土地の気候風土や地形に合わせて、 「状態に対して順応する」ことを旨としています。 そのような家づくりの原点に立ち返ることが、 適正な価格で上質な住まいを建てる唯一の手段ではないかと三浦製材は考えます。

三浦製材の住まいづくり

本質的に良い建築をつくる

本質的に良い建築をつくる

装備や仕様やスペックで勝負せず、 本来の建築の機能を取り戻す活動を行いたい。
空間の豊かさや面白さ、多様化する生活様式への対応を見据えて、 無駄を削ぎ落とし、しっかりとデザインされたもの =資産価値の高い普遍的なデザインを追求します。

想像を超える提案を

想像を超える提案を

お客様が要望される住まいを言われた通りにつくる。 それはある意味正しいのですが、本当にお客様にとって最善なのでしょうか?
私たちは作り手としての矜持を持つべきであり、 指示された通りのものをつくることは恥ずべきことだと考えます。
想像を遥かに超える提案を行なってこそ、本当のプロだと思うのです。

低温乾燥木材へのこだわり

低温乾燥木材へのこだわり

木は熱を加えることで本来の機能が失われてしまいます。
三浦製材のブランド木材は、 京都産木材を独自の技術で超低温乾燥させることで、 木の本来の機能を発揮することを実現しました。
最高の木材と建築家の提案力により、 木造住宅の常識を超えた豊かな空間を実現します。